クリニック・ハイジーアのサプリメント通販サイト

clinic HYGEIA

  1. トップ>
  2. 市販のサプリメントとドクターズサプリメントの違い

市販のサプリメントとドクターズサプリメントの違い

HYGEIAラボのサプリメントへのこだわり。「私たち自身が、安心して飲める。そして、私たちの子供にも安心して飲ませることができる。」そんなサプリメントをデザインしています。そしてサプリメントのデザインは分子整合栄養医学の理論に基づいており、「天然物由来の原料」を中心に、「高濃度・高含有量」、生体の合目的に添うよう複合体により高い「吸収率」を目指しました。

サプリメントの加工上どうしても添加物は必要不可欠ですが、その添加物についても「加工性」「安定性」「崩壊性」などのみを目的としていますから、添加物の量は最低限に抑えられています。その添加物も、より安全性が高く付加価値のある内容にこだわって選んでいます。もちろん、不要な増量剤などは使用していません。

価格を安く抑えるために、原材料に合成原料を使用したり、製造や流通の効率化や見栄えを優先することを目的とした保存料や着色料などの添加物は使用していません。そのためHYGEIAラボのサプリメントの価格は、市販の製品よりも比較的に高額になりますことを、ご理解いただきますようお願い致します。

昨今のサプリメント事情

何が、多く入っているのか?(原材料表示)
JAS法では、「原材料に占める重量の割合の多いものから順に記載する」と決められています。製品ラベルの原材料欄に栄養素以外の原材料が先頭にあるものは、本来の栄養素の含有量は低いと判断できます。例えば「乳糖」「麦芽糖」「でんぷん」「寒天」「セルロース」などは、栄養成分が少ない分を適当なサイズにして、安価なサプリメントを作るための「つなぎ」のために使用されます。ただし大切な栄養成分でも「添加物」の扱いに分類される場合は後ろに表示されますから、実際には分かりづらい表記があります。
原材料は、天然か合成か?
サプリメントに使用される原材料ですが、いわゆる「天然」と「合成」といった公の定義はありません。例えば「合成」と言っても、「石油化学製品」由来の原料もあれば、アスコルビン酸のようにトウモロコシの糖から作られる「合成」原料もあります。ビタミンCのサプリメントに多く使われるアスコルビン酸は、米国産やヨーロッパ産のトウモロコシの糖に「酸化」や「転位」などの化学的な工程を加えるために、「合成原料」と定義されます。一口に「合成」といっても、すべての「合成」原料が悪いわけではありません。
原材料の選定は、どんな基準か?
「天然由来」か「合成」の原料かで、価格は大きく違います。「天然由来」の原料でも、その品質(グレード)により大きく価格が分かれます。HYGEIAラボの原料の選定では、エビデンス、安全性、原材料原産国、最終加工国、製造工程などの規格書を厳しく重視し、その上に、必要に応じて規格項目の分析検査も実施しています。また、残留農薬やPCB(ポリ塩化ビフェニル[化学物質])等の有害成分、水銀などの有害重金属の有無など、食品衛生法に基づく規格・基準に適合した安全性の保証された高品質の原材料のみを使用しています。
添加物の見分け方は?
サプリメントを製造する過程では最低限の添加物は必要不可欠であり、まったく添加物を加えずに製品化することは不可能であることは是非とも知ってください。その必要不可欠な添加物が、安全なのか?最低限の量に抑えられているのか?本来は不要な添加物が含まれていないか?が、添加物を見極めるポイントです。

■必要不可欠な3つの添加物

  1. ハードカプセルの製造では、粉をサラサラにする添加物は、機械を使う工程では必須です。
    ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素など
  2. タブレットタイプの製造では、粉を固めるために必須です。
    乳糖、麦芽糖、ソルビトール(糖アルコール)、結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、デキストリン(澱粉分解物)など
  3. ソフトカプセルの被包材の原料は、「ゼラチン」「グリセリン」などの添加物が使用されます。いずれも私たちの体の成分でもあり、食用に広く使われている天然素材で安全性が高い材料です。
    場合によっては、粉とオイルを均一にするために、「乳化剤」を使用する場合もあります。
    グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルなど

本来は不要な添加物
(安く長距離を運びたい、店頭に長く置きたい、できるだけ安く価格を抑えたいなどの目的で使用されます。)

保存料微生物の繁殖を防ぐ、長期陳列のため、長距離の流通を可能にするため
増量剤粒のサイズを整える
着色料見栄えを良くする
香料香りのマスキング
甘味料味のマスキング
コーティング剤飲みやすさの向上
天然由来の原料の賞味期限は?
サプリメントの賞味期限付けに、公的なルールはありません。市販されている一般的なサプリメントの賞味期限は、パッケージを行った日、つまり工場出荷時から2年程度が多いようです。HYGEIAラボのサプリメントは、基本的に「天然由来」の原料から作られるため、サプリメントは「生鮮食品」と考えてください。サプリメントの販売は最大で3か月分までとしています。品質保持のため、開封後は1ヶ月程度で飲んでいただくようにお願いしています。サプリメントの材料はロット管理を行い、常に新鮮な材料を使用しています。
栄養素の含有量は十分といえる量か?
食事摂取基準とは、脚気や壊血病、ペラグラなどのいわゆる「欠乏症」を防止するための量であり、分子整合栄養医学の理論とは量の基準が異なります。そのため、市販のサプリメントとは含有量や濃度が違います。一般的に天然原料は栄養素の含有量はあまり高くないものが多く、含有量の高い、高品質サプリメントを作るには高い技術とコストがかかります。
サプリメントが製造される工場は、GMP基準に準じていますか?
医薬品製造の基準である「GMP基準」は、医薬品の品質と安全性を確保することを目的とし、厳しく順守が義務付けられています。医薬品GMP基準の基本要件は、\渋っ奮でのヒューマンエラーを最小限に抑えること、汚染および品質低下を防止すること、製品の品質の均質化を図ること、の3つが柱となっています。
HYGEIAラボのサプリメントは、GMP基準に準じた工場にて製造されています。
サプリメントの製造時に、熱を加えていませんか?
低価格に抑えるため大量生産を行うには、製造の過程で高温による熱処理される場合がほとんどです。現代人に不足がちなビタミン、ミネラルは高温で熱処理されることで、崩壊や酸化されて本来の栄養が無くなっています。低温処理で加工する工場や施設は、高い技術とコストをかけ製造工程を行っています。
サプリメントの成分は、低分子で吸収しやすいですか?
栄養素の消化吸収能力は非常に個人差が大きく、そのうえ高分子のタンパク質や脂溶性ビタミン、一部のミネラル類などの小腸での吸収率は非常に低いため、HYGEIAラボのサプリメントは吸収率を向上させるように工夫がされています。自然界に存在する天然物由来の原料から作られる栄養素は、複合体や組み合わせや量により、また、栄養素によっては低分子化、ミセル化(乳化)などを施して、吸収率を安全に高めることを目指しています。